各線天神駅より徒歩5分

すきっ歯(空隙歯列・正中離開)の矯正治療

すきっ歯
(空隙歯列・正中離開)とは?

歯と歯の間に隙間がある状態の歯列をすきっ歯と言います。皆様が知っているすきっ歯は、空隙歯列と正中離開という2つに別れており、全体的に隙間が空いている場合は空隙歯列、上の前歯2本(一番正面の歯)に隙間があると、正中離開と呼びます。

どうしてすきっ歯
(空隙歯列・正中離開)になってしまうのか?

顎の大きさと歯のサイズの不一致が1番の原因です。その他では、口輪筋の弛緩や低位舌、舌突出癖など、口輪筋機能不全から起きることもあります。また、正中離開については、上唇小帯の低位付着により起きることもあります。

すきっ歯
(空隙歯列・正中離開)を放置するリスク

見た目でお悩みを抱えている患者様が多くいらっしゃいますが、見た目だけでなくすきっ歯を放置すると様々なリスクがあります。

発音に影響がある

すきっ歯の場合、発音時に音が抜けてしまうことがあります。サ行の発音が特に苦手になる傾向があります。歯擦音と言って、前歯を歯の裏に擦って発音する必要があり、その際に空気が歯の隙間から漏れてしまうことが影響します。

食事が歯の間に食べ物挟まりやすい

隙間が開くことで歯と歯の間に食べ物が挟まりやすくなります。これにより、虫歯歯周病の原因となり歯並び以外のお口の病気に罹患する可能性が高くなります。

すきっ歯(空隙歯列・正中離開)の症例

過蓋咬合をフルDBSで改善した症例

※DBSとはダイレクトボンディングシステムと呼ばれており、ブラケットにワイヤーを通して歯を動かしていく矯正治療です。

患者情報
16歳女性
主訴
隙間や斜めの歯が気になる
行った治療内容
フルDBS
治療のリスク
歯根吸収、歯肉退縮
治療期間
動的治療期間1年2か月

※ クリックして拡大することができます。

お気軽にご相談下さい

お口に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。
患者様に耳を傾け、誠実に対応致します。

矯正無料相談予約はこちら

診療時間 11:00〜19:30

11:00 ~ 19:30

受付時間:11:00〜13:30・15:00〜19:00

休診:木・日 (木・日以外の祝日は診療いたします)