各線天神駅より徒歩5分

虫歯治療

当院の
虫歯治療の特徴

虫歯治療の特徴

当院では虫歯治療を行うにあたり、下記のような特徴があります。

  • 麻酔の痛みを限りなく抑える

    治療の痛みを抑えるために麻酔を打ちますが、歯科治療の中で痛みを感じる一番の理由がこの麻酔注射です。この最初の段階で痛みを強く感じると不安を持ちながら治療をすることになってしまうため、あらゆる方法を駆使し、痛みを限りなく抑えた麻酔注射を行います。

  • 虫歯を確実に除去すること

    虫歯が少しでも残ってしまえば、再発の原因を残したまま治療が完了することになります。う蝕検知液を使用しながら、虫歯を確実に除去していきます。

  • 感染をなるべく起こさないようにすること

    治療中に唾液や隣接してる歯から細菌が侵入し、感染してしまうことがあります。そうならないような対策を行い、感染防止をなるべく起こさないように徹底します。

  • なるべく歯を残すこと

    自分の歯に勝るものはありません。ご自身の歯をできるだけ残せるように治療を進めていきます。また、残念ながら抜歯になってしまった際も、その理由を正しく患者酸に伝えられるように詳細までお伝え致します。

  • 再発防止のために全力を注ぐ

    残念ながら、治療後に再発してしまう方がいらっしゃいます。
    もっと早く診れたら再発せずに済んだ・・・という経験もしています。患者様にメンテナンスの重要性を知って頂くと共に、再発の原因を断つ治療を行います。

虫歯の原因

虫歯の原因

口腔内には細菌がいます。普段その最近はおとなしいのですが、食べかすなどに含まれる糖を栄養として酸を作り出します。(ミュータンス酸と言います。)

通常、唾液緩衝能といって、唾液の自浄作用を使って酸性に傾いた歯を中性に戻す役割があるのですが、酸性に傾いている時間が長ければながいほど、酸によって歯が溶かされてしまうので虫歯になります。

歯磨きを怠ってしまったり、磨き残しがあると虫歯になると言われるのはこのためです。

虫歯の症状
チェックリスト

虫歯の症状チェックリスト

虫歯になると、以下のような症状が発生します。下記のどれか一つでも当てはまった場合は、歯科医院で診てもらいましょう。

  • 歯の溝が黒くなる
  • 冷たいものがしみる
  • 噛むと痛い
  • 甘いものを食べると痛みがある

このようなわかりやすい症状があります。また、この状態を放置すると

  • 温かいものがしみる
  • ズキズキと激痛が走る
  • 激しい痛みがなくなる
  • 激しい痛みがぶり返した
  • 口臭がする
  • 膿が出た

と言った症状が出てきます。
これは歯の神経にまで虫歯が到達してしまった場合や、歯の神経が死んでしまい、歯の根にまで虫歯が進行してしまっている状態です。

この様な症状の場合は、根管治療(歯内療法)が必要になります。詳しくは根管治療のページをご覧ください。

虫歯の進行状態と
状態ごとの治療法

虫歯の品行状態と状態ごとの治療法

C0(最初期虫歯)

エナメル質の表層に軽度の脱灰が見られるため、白濁している状態になる。痛みがないため、虫歯だと気付きにくいのが特徴です。

C0の場合の処置

  • クリーニング
  • フッ素応用
  • ブラッシング指導
  • シーラント治療
  • 経過観察
C1(初期の虫歯)

C1(初期の虫歯)

エナメル質に限局した状態です。大半の場合は痛みがありません。歯の溝が黒くなったり、フロスがひっかかる感じがしたら、受診をおすすめします。この段階で治療することができれば、痛みも治療も費用も最小限で済みます。

C1の場合の処置

  • 虫歯の除去
  • CR充填
  • ブラッシング指導
C2(軽度の虫歯)

C2(軽度の虫歯)

虫歯が象牙質にまで到達した状態です。冷たいものがしみたり、甘いものがしみる、噛むと痛いなどの症状を感じます。温かいもので違和感を感じ始めたら、神経付近にまで虫歯が進行している状態です。早急に歯科医院を受診しましょう。

C2の場合の処置

  • 虫歯の除去
  • CR充填
  • インレー(詰め物)
  • アンレー(範囲の広い詰め物)
  • クラウン(被せもの)
C3(中等度の虫歯)

C3(中等度の虫歯)

虫歯が神経にまで到達した状態です。何もしなくても痛い状態が続き、温かいものがしみたり、我慢できない痛みが襲ってきます。そのまま放置してしまうと、虫歯は進行し続け、最終的には歯の根にまで到達します。

また、突然痛みが無くなる段階があります。これは神経が壊死してしまったサインになりますので、歯を残すためには一刻も早い治療が求められます。

C3の場合の処置

  • 虫歯の除去
  • 壊死してしまった神経の除去(抜髄)
  • 感染根管治療
  • コアの植立
  • クラウン(被せもの)
C4(重度の虫歯)

C4(重度の虫歯)

虫歯が進行し続けると、最終的には歯の根しか残らない状態になってしまいます。この状態になると、歯を残すことは厳しくなり、抜歯を選択せざるを得ない場合があります。

また、抜歯をせずに放置をし続けると、骨髄炎になり、顎が腫れたり発熱したりします。「痛みがなくなったから」と言って放置せずに、きちんと治療を行いましょう。

C4の場合の処置

歯が残せる場合

  • 虫歯の除去
  • 壊死してしまった神経の除去(抜髄)
  • 感染根管治療
  • コアの植立
  • クラウン(被せもの)

歯が残せない場合

  • 抜歯
  • 欠損補綴(ブリッジ・部分義歯・インプラント)

虫歯に関する
よくある質問

虫歯治療は保険対応ですか?
はい、対応可能です。虫歯の治療から詰め物、被せ物まで保険診療で行うことができますが、治療の予後や審美性を考えて、自由診療のセラミック治療を選択することも可能です。
歯を失った場合はインプラントが良いのですか?
患者様の失った本数や経済的負担を考慮する必要があります。「歯を失ったからインプラント」と断定するのではなく、各治療のメリット・デメリットなどを十分にご説明致しますので、しっかりとご検討されたあとに決められるのが一番大切だと思います。
麻酔が苦手なのですが、大丈夫ですか?

麻酔の痛みを軽減させるため、いくつかの取り組みをしています。

  • 麻酔液を体温程度に温め、刺激を少なくする
  • 表面麻酔を浸透させてから麻酔注射を行う
このような対応で、痛みを軽減させることができます。
詰め物や被せものの種類を教えて下さい。

インレー(詰め物)
保険診療:メタル
自由診療:・ゴールド ・ジルコニア ・セラミック

クラウン(被せ物)
保険診療:メタル
自由診療:・ゴールド ・前装冠 ・ジルコニア ・セラミック

上記のような種類に対応しています。それぞれの特性がありますので、治療部位や咬合力などを考慮した上で、選択肢を患者様にご提供します。

虫歯治療は何回通えば良いですか?
進行状況や治療方法により、治療回数は変わります。概ね5回〜6回程度と考えていただけ得れば良いかと思います。
(保険診療のルールによって回数を分けなければ行けない、また患者様のお身体の負担を減らす、詰め物・被せ物の作製期間などが治療回数に含まれます。)

お気軽にご相談下さい

お口に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。
患者様に耳を傾け、誠実に対応致します。

WEB予約はこちら

診療時間 11:00〜19:30

11:00 ~ 19:30

受付時間:11:00〜13:30・15:00〜19:00

休診:木・日 (木・日以外の祝日は診療いたします)