各線天神駅より徒歩5分

歯周病治療

歯周病はあなたの生活を蝕む病気です

歯周病はあなたの生活を蝕む病気です
歯周病はあなたの生活を蝕む病気です

歯周病は歯周病菌によって歯を支える骨(歯槽骨)や周囲の組織を壊していく口腔疾患です。歯周病があなたの生活を蝕むには理由があります。

まず歯周病を疑う
ことから始める

まず歯周病を疑うことから始める

歯周病がどれだけあなたの生活を蝕むかを知っていただけたかと思います。ではどうしたら、歯周病から歯と健康を守ることができるでしょうか。 まず、ご自身が歯周病であるかを疑うことから始めることをおすすめします。

歯周病は痛みなど主だった症状がないため気づきにくい口腔疾患です。だからこそ、歯周病かもしれないと疑い、歯科医院で検査をしてみましょう。

歯周病でなければ予防を。歯周病であれば治療を行えば、最悪の状態からあなたを救うことができるかもしれません。

以下にチェックリストを示しますので、ご参考にしてみてください。

歯周病のチェックリスト

  • 朝起きたらお口がネバネバしている
  • 歯茎が腫れている(腫れている気がする)
  • 歯茎から出血がある(強く磨かなくても血が出る)
  • 歯茎が下がってきた気がする(歯が長くなった気がする)
  • 食べ物が挟まりやすくなってきた
  • 歯がグラグラしてきた
  • 口臭が強くなってきた
  • 噛むと強い痛みがある
  • 歯が抜け落ちた経験がある

どうして歯周病になってしまうのか?

歯周病のチェックリストを使用した上で、自分は歯周病かもしれない。と思った方がいらっしゃるかも知れません。どうして歯周病になるのかを知ることは歯周病を治療する上でとても重要なので、ご説明します。

バイオフィルム(プラーク)が主な原因

バイオフィルム(プラーク)が主な原因

バイオフィルム(プラーク)は聞いたことがあるかもしれません。そうです、歯垢のことです。シンクの滑りと同じで、細菌の集合体が膜に包まれ、頑固にこびりついています。

ただこのバイオフィルム(プラーク)は、最初から悪さをするわけではありません。磨き残しなどお口が不衛生な状態でいることで細菌は増殖していきます。

歯には皮膚のように上皮バリアがあるのですが、細菌の増殖に絶えられなくなり破られると出血を引き起こします。わかりやすくいうと、転んで擦りむいた状態と同じ状況です。

出血した血の中にある鉄分(ヘミン鉄)を栄養素として細菌は急速に増殖し、バイオフィルム(プラーク)は次第に高病原性化します。 「歯茎から血が出たら歯周病かもしれません」という注意喚起を見られたことがあるかもしれませんが、それはこれから歯周病を進行させる可能性が極めて高いことを示しているためです。

歯周病は症状がない病気であるため、気が付きにくいです。 出血は一つのサインになります。歯磨きの方法が悪かった、歯ブラシが硬すぎたと思わずに、一度歯科医院へ行かれることを強くおすすめします。

歯周病は進行する病気です。

歯周病は進行していきます。
進行段階によって状態や症状が変わりますので、詳しくご説明します。

歯肉炎

歯肉炎

歯肉炎の特徴

歯肉炎は歯周病の初期症状です。全くと言ってよいほど痛みなどがありません。見た目としては、ピンク色で引き締まっている健康な歯茎に対して、赤く腫れている状態です。歯と歯の間の歯茎が膨らんでいるのが特徴ですが、注意してみないと気付かないと思います。

歯肉炎の症状

  • 起きたら口の中がネバネバするようになる
  • 軽いブラッシングでも出血する
  • 歯茎が腫れたような気がする
軽度歯周炎

軽度歯周炎

軽度歯周炎の特徴

歯肉炎の次は軽度歯周炎という状態です。歯茎だけに限局していた炎症が、徐々に広がっている状態です。歯周ポケットは4mm未満で、まだ歯を支える骨が大きく溶かされていません。この段階でも自覚症状はありません。

軽度歯周炎の症状

  • 起きたら口の中がネバネバするようになる
  • 軽いブラッシングでも出血する
  • 歯茎が腫れたような気がする
中等度歯周炎

中等度歯周炎

中等度歯周炎の特徴

歯中等度歯周炎にまで進行すると、歯周ポケットは4mm〜6mmほどに広がります。この状態まで進行すると、歯を支える骨が大きく溶かされ始めます。

この段階にきても、痛みを感じる人は少ないですが、歯のぐらつきや口臭を感じる人が多くなってきます。

中等度歯周炎の症状

  • 起きたら口の中がネバネバするようになる
  • 軽いブラッシングでも出血する
  • 口臭が気になり始めた、指摘された
  • 歯茎がムズムズする
  • 歯が長くなってきた、歯茎が下がってきた
  • 歯がぐらついてきた
  • 食事が噛みにくくなってきた
  • 歯と歯の間に食べ物が挟まるようになった
重度歯周炎

重度歯周炎

重度歯周炎の特徴

重度歯周病になると、自覚症状が強くなります。
歯周ポケットは6mm以上に広がり、食事が困難になるほど歯がぐらついてしまったり、口臭が強くなる、歯の根が見えてくる、痛みが出てくるなど生活に支障が出てしまいます。歯を残せるか、残した歯を長く使えるかなど、十分に検討しながら治療を進める必要があります。

重度歯周炎の症状

  • 起きたら口の中がネバネバするようになる
  • 軽いブラッシングでも出血する
  • 口臭が気になり始めた、指摘された
  • 歯茎がムズムズする
  • 歯が長くなってきた、歯茎が下がってきた
  • 歯がぐらついてきた
  • 食事が噛みにくくなってきた
  • 歯と歯の間に食べ物が挟まるようになった
  • 出っ歯になってきた気がする
  • 食事が困難になってしまった

なるべく早く治療をすることが重要です。
「大丈夫だろう」と放置をしていると、次第に歯周病は進行していきます。また、全身疾患のリスクも高まります。症状を感じたら、なるべく早く治療を行いましょう。

そのほうが、患者様の身体的な負担・経済的な負担も少なく済むのです。

歯周病の
改善と予防

これまで少しネガティブな話をしましたが、安心してください。私たちは患者様を歯周病から救いたい、大切な歯を守りたいと思っています。そのためには、歯周病を改善すること、そして歯周病を再発させないために予防をすることが重要です。 まず、歯周病の改善方法と予防方法についてご紹介します。

歯周病の原因を除去する

歯周病の原因を除去する

歯周病の原因は細菌(歯周病菌)です。 歯周病菌は血液に含まれるヘミン鉄と呼ばれる鉄分を栄養素として増殖します。なんと、歯茎からの出血は歯周病のサインにもなるのです。 したがって、この歯周病菌を除去し、出血を止めないことには歯周病は改善しません。だからこそ、歯科医院での治療が必要になるのです。

歯周病の改善にはセルフケアが重要

歯科医院で治療をする回数よりも毎日自宅で歯磨きをする回数のほうが圧倒的に多いはずです。歯周病では患者様が治療に参加し、口腔内を常に清潔な状態に保つ努力が必要です。正しい歯磨きの方法は歯科衛生士が丁寧にサポートしますので、ご安心ください。

定期的なクリーニングが重要

定期的なクリーニングが重要

歯周病は細菌の塊であるバイオフィルム(プラーク)が高病原性化することで発症します。実はその細菌たちは常在菌といって常にお口の中に済んでいる細菌たちです。普段は悪さしないのに、お口の中が不衛生なことで悪さを始めてしまいます。 したがって、歯周病を改善させても再発してしまうのです。 治療→改善→再発→治療・・・という繰り返しが歯を失う原因にもなるのです。だからこそ定期的なクリーニングを行い、歯周病を予防していかなければならないのです。

歯周病の治療方法

歯周病には基本治療(初期治療)と外科治療に大きく分けられます。
どちらが良い治療方法であるか?ではなく、「治癒状態に応じて使い分ける」が正しい考え方です。では、それぞれ何を目的とした治療なのかをフローにしてご紹介します。

歯周基本治療

歯周基本治療

歯周基本治療は初期治療のことです。
歯周病の概ねはこの歯周基本治療で改善することができますが、基本治療が確実に行われていなければ歯周病は改善しません。

歯周基本治療で行うことは3つです。

  • 歯肉縁上、歯肉縁下のバイオフィルム及び歯石の除去
    ※歯肉縁上=歯茎の上 歯肉縁下=歯周ポケットの中
  • プラークコントロール(患者様のセルフケア)
  • 保存不可能な歯の抜歯
  • 不適合な補綴物のやり変え
  • 原因除去(噛み合わせの調整・動く歯の固定など)
※噛み合わせに影響があると、咬合性外傷という歯周病を進行させる原因になります。
※歯が動くと食べ物が噛めない、揺らされ続けることで歯を支える骨が吸収(溶かされる)ことを防ぐ目的があります。


これらを行い、細菌に侵されない口腔環境を作ること、歯周病の進行要因になる原因の除去を行うことによって歯周病を改善させます。
再評価

再評価

歯周基本治療を行った結果、初診時よりどれくらい改善したかを再評価します。歯茎からの出血がない、歯周ポケットの深さが5mm以下になっているかを確認し、それらが改善されていなければ再度歯周基本治療を行います。 それでも改善しなければ、歯周外科治療を行います。

歯周外科治療

歯周外科治療

歯周基本治療で改善しなかった場合、歯周病の原因が歯茎の深くにある可能性があります。そうすると上からのアプローチでは深いところにある原因は除去できないため、フラップ手術を行います。 歯茎を剥離して、歯根面を露出させた状態でバイオフィルム(プラーク)や歯石を除去していきます。

歯周外科治療

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法は歯周外科治療の一つです。
歯周組織が失われてしまった場合、組織を再生させるために再生誘導剤を用いた治療を行います。おおよそ半年程度で、レントゲンに組織が再生しているのを確認することができます。

※骨が大幅に溶かされている場合は、再生療法をしても組織の再生は期待できないのが正直なところです。歯科医師から十分に説明を受けましょう。

歯周治療の症例

歯肉炎(増殖性歯肉炎)の症例

患者情報
22歳 男性
主訴
歯茎から血が出る
診断結果
増殖性歯肉炎
治療内容
歯周基本治療+歯肉切除+コンポジットレジン修復
治療期間
約1ヶ月
治療におけるリスク
術後に疼痛、腫れが出る場合あり
費用
15,000円

※ クリックして拡大することができます。

軽度歯周炎の症例

患者情報
22歳 男性
主訴
歯茎から血が出る
診断結果
軽度歯周炎
治療内容
歯周基本治療
治療期間
2ヶ月
治療におけるリスク
処置後軽度の痛み
費用
11万円

※ クリックして拡大することができます。

最後に、
歯周病は完治しません。

最後に、歯周病は完治しません。

患者様にご理解いただきたいことは、歯周病は完治しません。 いつでも再発の機会をうかがって、虎視眈々と狙っています。 症状が良くなるのは改善や治癒であって、完治ではないことを理解していただきたいと思います。

夢も希望もないように思えますが、あなたの歯を歯周病から守り続けるためにはとても重要な話です。ぜひ、あなたのことを大切にしてくれる歯科医院と出会い、二人三脚で治療とメンテナンスを行ってほしいと思います。

当院では日本歯周病学会専門医・指導医で、歯周病のエキスパートである若林健史に指導を受け、歯科医師・歯科衛生士共に常にスキルアップを行っています。

歯周病は一生涯のお付き合いになります。 あなたの歯を私たちにお任せいただければ、全力を尽くすことをお約束します。

モニターを募集しています

当院では学会発表や論文発表を目的とした、モニター募集をしています。
当院の考え方に理解をいただける方は、ご協力いただけると幸いです。

※モニターは無料ではありません。
※モニター割引をいたします。詳細はモニターページをご覧ください。

詳しくはこちら 

お気軽にご相談下さい

お口に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。
患者様に耳を傾け、誠実に対応致します。

WEB予約はこちら

診療時間 11:00〜19:30

11:00 ~ 19:30

受付時間:11:00〜13:30・15:00〜19:00

休診:木・日 (木・日以外の祝日は診療いたします)