各線天神駅より徒歩5分

歯周病治療

歯周病とは?

歯周病とは、歯周病菌が炎症を引き起こし、歯周組織(歯茎や歯を支える骨)を壊していく病気です。歯周病は歯を失う原因の第一位で、その理由の多くが「自覚症状がない」ため、気がつかないうちに歯周病が進行していて、歯が抜け落ちてしまったというケースです。

自覚症状が無いことから、静かなる病気(サイレントディジーズ)と呼ばれており、進行していることに気付かない、または気にしないまま放置されている方が多いです。放置を続けた結果、症状を感じる頃には歯周病がかなり進行していて、歯がぐらついたり食事が食べ辛いと感じるようになり、異変を感じて歯科にいらっしゃいます。

現在の歯周病は、口腔内の問題だけではありません。糖尿病・動脈硬化・低胎児出産・早産など、全身疾患との関連性も数多く報告されています。早期発見、早期治療ができれば、患者様の歯や健康を守ることができます。このページでは歯周病について詳しくご説明致します。

歯周病の原因

プラーク

皆様も一度は「プラーク」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?このプラークは、お口の中に棲み着いている常在菌が、普段は悪さをしないのですが食べかすや砂糖を栄養分として、粘度の高い物質を作り出します。これが「プラーク(歯垢)」です。

このプラークは細菌の塊で、自分を守るためにバリアのような膜を貼ります。これをバイオフィルムと言いますが、うがいをしただけでは落とすことはできません。また、ささっとブラッシングしただけでも中々落ちません。

プラークの中にいる細菌が悪さをして、歯茎の炎症が起こります。その炎症によって、やがては歯を支える骨を溶かしていき、最終的には歯を失ってしまうことになります。

歯石

プラークを取り除かずに放置すると、歯石になります。歯石は頑丈に張り付いているため、ブラッシングでは落とすことができません。

歯石を残してしまうことで、歯石に更にプラークが付着し、悪さを続けます。そうすることで、歯周病は進行し続けてしまうのです。

歯周病の
症状チェックリスト

歯周病は自覚症状がない病気であるため、気付きにくい病気です。下記に、歯周病の症状をチェックリストにして纏めましたので、ご自身に該当する症状がないか照らし合わせてみてください。

  • 朝起きたら口の中がネバネバしている
  • 強くブラッシングしていないのに血が出る
  • 歯茎が腫れたような気がする
  • 口臭が気になり始めた、指摘された
  • 歯茎がムズムズする
  • 歯が長くなってきた、歯茎が下がってきた
  • 歯がぐらついてきた
  • 食事が噛みにくくなってきた
  • 歯と歯の間に食べ物が挟まるようになった
  • 出っ歯になってきた気がする
  • 食事が困難になってしまった

これらの症状に当てはまるものが2つ以上あると、歯周病の可能性があります。また、この症状で歯周病がどれだけ進行しているかの目安がありますので、次の歯周病の進行段階でご説明します。

歯周病の進行度について

歯周病には進行度があります。
進行度ごとの特徴と先程ご説明した症状を交えてご説明します。

歯肉炎

歯肉炎の特徴

歯肉炎は歯周病の初期症状です。全くと言ってよいほど痛みなどがありません。見た目としては、ピンク色で引き締まっている健康な歯茎に対して、赤く腫れている状態です。歯と歯の間の歯茎が膨らんでいるのが特徴ですが、注意してみないと気付かないと思います。

歯肉炎の症状

  • 起きたら口の中がネバネバするようになる
  • 軽いブラッシングでも出血する
  • 歯茎が腫れたような気がする

軽度歯周炎

軽度歯周炎の特徴

歯肉炎の次は軽度歯周炎という状態です。歯茎だけに限局していた炎症が、徐々に広がっている状態です。歯周ポケットは4mm未満で、まだ歯を支える骨が大きく溶かされていません。この段階でも自覚症状はありません。

軽度歯周炎の症状

  • 起きたら口の中がネバネバするようになる
  • 軽いブラッシングでも出血する
  • 歯茎が腫れたような気がする

中等度歯周炎

中等度歯周炎の特徴

歯中等度歯周炎にまで進行すると、歯周ポケットは4mm〜6mmほどに広がります。この状態まで進行すると、歯を支える骨が大きく溶かされ始めます。

この段階にきても、痛みを感じる人は少ないですが、歯のぐらつきや口臭を感じる人が多くなってきます。

中等度歯周炎の症状

  • 起きたら口の中がネバネバするようになる
  • 軽いブラッシングでも出血する
  • 口臭が気になり始めた、指摘された
  • 歯茎がムズムズする
  • 歯が長くなってきた、歯茎が下がってきた
  • 歯がぐらついてきた
  • 食事が噛みにくくなってきた
  • 歯と歯の間に食べ物が挟まるようになった

重度歯周炎

重度歯周炎の特徴

重度歯周病になると、自覚症状が強くなります。
歯周ポケットは6mm以上に広がり、食事が困難になるほど歯がぐらついてしまったり、口臭が強くなる、歯の根が見えてくる、痛みが出てくるなど生活に支障が出てしまいます。歯を残せるか、残した歯を長く使えるかなど、十分に検討しながら治療を進める必要があります。

重度歯周炎の症状

  • 起きたら口の中がネバネバするようになる
  • 軽いブラッシングでも出血する
  • 口臭が気になり始めた、指摘された
  • 歯茎がムズムズする
  • 歯が長くなってきた、歯茎が下がってきた
  • 歯がぐらついてきた
  • 食事が噛みにくくなってきた
  • 歯と歯の間に食べ物が挟まるようになった
  • 出っ歯になってきた気がする
  • 食事が困難になってしまった

なるべく早く治療をすることが重要です。
「大丈夫だろう」と放置をしていると、次第に歯周病は進行していきます。また、全身疾患のリスクも高まります。症状を感じたら、なるべく早く治療を行いましょう。

そのほうが、患者様の身体的な負担・経済的な負担も少なく済むのです。

歯周病の治療について

歯周病の検査

歯周基本治療

歯周基本治療は、歯周治療の中でも最も大切な治療です。
この歯周基本治療が正しく行われていれば、大体の歯周病は改善します。
逆に言えば、この歯周基本治療が良くなければ、歯周病は良くならないということです。 歯周外科治療や歯周組織再生療法がクローズアップされていますが、まずはこの歯周基本治療が最も歯周治療に有効であることを知っていただきたいです。

歯周外科治療

歯周治療の症例

歯肉炎(増殖性歯肉炎)の症例

患者情報
22歳 男性
主訴
歯茎から血が出る
診断結果
増殖性歯肉炎
治療内容
歯周基本治療+歯肉切除+コンポジットレジン修復
治療期間
約1ヶ月
治療におけるリスク
術後に疼痛、腫れが出る場合あり
費用
15,000円

※ クリックして拡大することができます。

軽度歯周炎の症例

患者情報
22歳 男性
主訴
歯茎から血が出る
診断結果
軽度歯周炎
治療内容
歯周基本治療
治療期間
2ヶ月
治療におけるリスク
処置後軽度の痛み
費用
11万円

※ クリックして拡大することができます。

歯周病と全身疾患の
関係性も知っておきましょう

歯周病学会指導医から
学び続けています

当院の歯科医師・歯科衛生士は、日本大学客員教授であり日本歯周病学会指導医である、若林健史先生(東京/恵比寿開業)に定期的なレクチャーを受けています。

歯周治療に関する質を高め、患者様にご満足いただける診療をご提供できるよう日々精進しております。

お気軽にご相談下さい

お口に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。
患者様に耳を傾け、誠実に対応致します。

WEB予約はこちら

診療時間 11:00〜19:30

11:00 ~ 19:30

受付時間:11:00〜13:30・15:00〜19:00

休診:木・日 (木・日以外の祝日は診療いたします)