各線天神駅より徒歩5分

インビザライン
(マウスピース矯正)

最も治療実績が多い
インビザライン

最も実績があるインビザライン

インビザラインはマウスピース型矯正装置の中で最も実績があります。
世界で1000万人以上の治療実績(2021年12月)があり、日本に限らず世界でもスタンダードな矯正装置と言えます。

当院では矯正を専門としている歯科医師が治療を担当していますが、歯並びの問題だけでなく、歯並びが原因で起こりうるお口の問題までも包括的に治療計画へ反映させ、歯並びと大切なお口の機能の双方をベストな状態にする矯正治療を行っています。

インビザライン以外のマウスピース矯正装置をご検討の方に「矯正治療で本当に必要なこと」をご理解いただきながら、どの装置を選び、どこで治療を受けるかを判断していただきたいと思っています。

このページではインビザラインを中心に矯正治療で本当に必要なことはどのようなことなのか?を中心にお伝えしていこうと思います。

なぜインビザラインなのか?

すべての治療が完結できる

エビデンスが最も多い

インビザラインは他のマウスピース型矯正装置に比べ、症例が豊富で確率された治療方法であるということです。

確実性の高い矯正治療をするためには、「エビデンス(良い結果と言える証拠)」があることが重要です。

世界で1000万人以上の治療実績があるインビザラインが、他の装置に比べて安心できることは明白です。

アタッチメントで幅広い症例に対応

アタッチメントで幅広い症例に対応

他のマウスピース矯正装置は、マウスピースだけの力を頼りに歯を動かしていきます。そのため、全体的な矯正治療には適さず部分的な矯正治療を行うことが多いです。

一方、インビザラインはアタッチメントと呼ばれる透明な突起を付けることで、歯を自由に動かすことができるため幅広い症例に対応することができます。

より効率的に、よりダイナミックに歯を動かすのに適しているマウスピース型矯正装置は、インビザラインが最も有名であると言えます。

ワイヤー矯正との併用が可能

ワイヤー矯正との併用が可能

重度の叢生(重度の乱ぐい歯)や翼状捻転(前歯の大きな捻じれ)、上顎前突(出っ歯)反対咬合(受け口)など、矯正医からするとブラケット矯正(ワイヤー矯正)で治療したほうが確実であると判断する壮麗があります。

一方で患者様の要望としてはインビザラインで治療したいとお考えの場合に、ある程度までブラケット矯正にて歯を動かし、その後インビザラインに移行することができます。

当院ではコンビネーション治療と言いますが、双方の技術があればこそ、ワイヤーとマウスピースの良いところを掛け合わせた矯正治療を行うことができます。

噛み合わせを考慮した治療ができる

噛み合わせを考慮した治療ができる

特に部分矯正しか対応していないマウスピース矯正では、噛み合わせを考慮した治療はできません。なぜなら奥歯は動かせないからです。

後で説明しますが噛み合わせはとても重要で、噛み合わせが歯科疾患の原因になってしまっている方や、噛み合わせの違和感をずっと感じたまま生活をしている方も少なくはありません。

インビザラインは噛み合わせを考慮した矯正治療が可能で、機能美と審美の双方を実現することが可能です。

インビザラインの特徴

矯正治療で
本当に重要なこと

正しい噛み合わせを実現すること

正しい噛み合わせを実現すること

一見、キレイに並んでいるように見える歯列であっても、隠れ不正咬合の方は意外と多くいらっしゃいます。

例えば、前歯がキレイに並んでいても犬歯で噛んでいない、奥歯で噛んでいない。または噛み合わせが深すぎるなど様々な隠れ不正咬合の方がとても多くいらっしゃいます。

審美性を追求するがために噛み合わせが蔑ろになり、結果的に噛み合わせが悪い状態のまま矯正治療が完了してしまうことも少なくありません。

インビザラインだけでなく矯正治療は安い治療ではありません。正しい噛み合わせが最も大切で、その上で審美的な歯列を整えることが何よりも重要です。

検査を受け、しっかり説明を受けること

検査を受け、しっかり説明を受けること

検査を受け、しっかりと説明を受けることが重要です。
特に部分矯正をご検討の方は、本来部分矯正よりも全顎矯正(全体の矯正)が必要な場合があります。

全顎矯正が必要であるにも関わらず、部分矯正をすることで噛み合わせが悪くなったり、他の歯科疾患(虫歯や歯周病)・歯の欠けや破折、顎関節症のリスクが高まる可能性があります。

そのために正しい検査(セファロレントゲン・CT・印象採得・模型検査・咬合検査)を受け、歯科医師に詳しく説明をしてもらうことがとても重要でり、詳しい説明を受けられる権利が患者様にはあります。

当院では歯科医師が患者様の検査結果を詳しくご説明し、納得していただいた上で正しいインビザラインでの矯正治療を受けていただくようにしています。

インビザラインの流れ

インビザラインの費用

検査診断料
38,500円(税込)
装置の費用
825,000円(税込)
保定装置の費用
33,000円(税込)
毎月の調整費用
5,500円(税込)

※検査後の説明は検査日とは別に頂戴します。(約1時間程度)
ご不明点がありましたら、お気軽にご相談ください。

インビザラインを担当する
矯正医のご紹介

矯正医 込山 照美

経歴

九州大学歯学部
九州大学歯学部矯正科 入局
(医)元気が湧くこども歯科もとやま
(現:KID’s歯科なかがわ)勤務
(医)デンタルクリニック桜坂南 矯正医非常勤
天神オーラルケアクリニック 矯正非常勤

所属学会

日本矯正歯科学会
日本アライナー矯正歯科研究会

お気軽にご相談下さい

お口に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。
患者様に耳を傾け、誠実に対応致します。

WEB予約はこちら

診療時間 11:00〜19:30

11:00 ~ 19:30

受付時間:11:00〜13:30・15:00〜19:00

休診:木・日 (木・日以外の祝日は診療いたします)

  • HOME
  • インビザライン
    (マウスピース矯正)