各線天神駅より徒歩5分

痛みに配慮した歯科治療

歯科治療の
痛みが気になるあなたへ

痛みが気になるあなたへ

歯医者は痛いし、怖い。というイメージがあると思います。 そのイメージがあるからこそ、歯科医院には「どうしてもいかなければならない状況」になるまで我慢をしてしまう傾向があります。

当院ではそのイメージを払拭するために痛みに配慮した治療を行っていますが、本当に歯科治療は痛いのか?どうすれば痛みを軽減させることができるのか?その考え方と当院の取り組みをお伝えしていきます。

歯科治療で感じる痛みは
「治療前の麻酔」

歯科治療で感じる痛みは治療前の麻酔
  • 治療前の麻酔で痛みを感じる

    実は歯科治療を行っている最中に痛みを感じることは少ないです。それは、麻酔が効いているからです。つまり、麻酔注射をするときが一番痛みを感じることがあります。

    麻酔には表面麻酔法・浸潤麻酔法・伝達麻酔法と呼ばれる3つの方法がありますが、歯自体に麻酔をするためには浸潤麻酔や伝達麻酔が必要になるため、麻酔の痛みを感じやすいのはこの2つになります。

    痛点のポイントは、針を刺す痛みと麻酔薬の温度になります。 温度?と思われる方もいらっしゃると思いますが、冷たいアイスを食べた時のキーンとした感じを想像してもらえばわかりやすいかと思いますが、麻酔の温度が低いと神経が過敏になるため痛みを感じやすくなるのです。

    したがって、麻酔を刺す時のテクニックや場合によって表面麻酔後に麻酔注射をするなどの工夫と麻酔液の温度を人間の体温程度に温めることが痛みを軽減させることに繋がります。

  • 麻酔が不十分である

    下の奥歯に対する麻酔は、他の歯に比べて麻酔が効きにくい場所と言われています。麻酔が不十分であると治療時に痛みを感じることがあります。奥歯では注射時にグッと押される感じも相まって痛みを感じるかたもいらっしゃいます。

    これも麻酔のテクニックを使い、麻酔を効かせながら徐々に針を深く指していくことで痛みを軽減させることができます。

    現代の注射針は細く痛みを感じにくく設計されているので、丁寧な麻酔注射をすれば思ったより痛みを感じずに済んだと仰る方もいらっしゃいます。

  • 歯科治療時に関する痛みは概ね上記の2つになります。 麻酔が不安であることなど、お気兼ねなくお伝え下さい。最大限配慮して麻酔注射を行います。

痛みを軽減させる麻酔のテクニック

痛みを軽減させる麻酔のテクニック

麻酔注射を行うときには圧力がかかります。この圧力をコントロールすること、粘膜から徐々に麻酔を浸透させていきながら針を刺していくことで、痛みが感じにくくなります。

また、痛みを感じやすい場所というのが存在しますので、できるかぎり痛みを感じにくい場所から麻酔を行うことで痛みを感じにくくさせることができます。

大切なのはこういったことを丁寧に行うことです。痛みの感じ方は人それぞれですが、痛みが少なければそれが一番良いと思いますので、私達は常に意識して麻酔注射を行います。

歯を削る際の器具に関して

歯を削る際の器具に関して

安定した回転数で歯を削ることで痛みや不快感は軽減されます。歯科では「5倍速」などと言ったりしますが、安定した回転数で治療ができるため、不快な音や振動を軽減し、通常の切削器具よりも痛みを軽減させることができます。

麻酔だけでなく治療時の器具にもこだわることで、患者様の痛みに対する不安を少しでも軽減し、効率的な治療を行うことを意識しています。

一番の痛みは、
虫歯歯周病での痛みです。

これまで当院が痛みに配慮した治療を行う上でのポイントをお話してきましたが、何が一番痛いかと言えば虫歯や歯周病に罹患した状態が一番痛みを感じます。虫歯が深くならなければ、麻酔を使用せずに治療を済ませることも可能であり、歯周病が早い段階で治療できれば、ブラッシング時の痛みなども感じずに治療を行うことができます。

そのため、歯に違和感を感じた時点で歯科医院にいらっしゃることで、歯科への恐怖感も軽減させることができます。

痛みに不安がある方は、お気兼ねなくお申し付けください。
最大限配慮した治療をいたします。

お気軽にご相談下さい

お口に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。
患者様に耳を傾け、誠実に対応致します。

矯正無料相談予約はこちら

診療時間 11:00〜19:30

11:00 ~ 19:30

受付時間:11:00〜13:30・15:00〜19:00

休診:木・日 (木・日以外の祝日は診療いたします)