各線天神駅より徒歩5分

ブログ

ブログ

フィステル / サイナストラクト(歯茎にできる膿の袋)の治療

フィステルとは?

フィステルはニキビや水ぶくれのように見える
フィステル(サイナストラクト)とは、歯の根の周囲にできる膿の袋や膿の出口のことを言います。
フィステル(サイナストラクト)はニキビや水ぶくれのような見た目をしています。指で押すと膿が排出されることがあり、ニキビを潰すようなイメージに近いです。

また、膿が袋の許容量からあふれる程に溜まると、穴から膿が排出されることもあります。写真を見ていただくと、よりわかりやすいのではないでしょうか。

フィステル(サイナストラクトができる原因

フィステル(サイナストラクトの原因は様々です。
大きく分けると4つのパターンに分けられると考えられます。

原因1:感染根管
(神経と歯の根が虫歯に感染している状態)

虫歯が進行すると、歯の神経を蝕み、最終的に歯の根にまで到達します。
その状態を感染根管と言いますが、感染根管を治療せずに放置することで歯の根の先に膿がたまり、膿の袋(フィステル)ができる場合があります。

原因2:不十分な根管治療

根管治療は感染した歯の神経を除去(抜髄治療)したり、感染した根管を清掃、消毒する(根管治療)のことです。前提として、根管治療専門医がいるほど難易度の高い治療です。

その歯の根の治療が不十分だった場合、細菌がまた増えてしまい、結果的に歯の根に膿が溜まってしまい、膿の袋(フィステル / サイナストラクト)ができてしまう場合があります。

原因3:外傷

外傷の代表例を挙げるとすると、事故、転ぶ、ぶつけるなどがあります。
これらの外傷によって、歯の神経がダメになってしまうことがあります。
外傷によって神経が炎症を起こし、結果的に細菌感染した結果、歯の根に膿の袋(フィステル)ができてしまう場合があります。

原因4:歯根破折
(歯が割れてしまう)

歯根破折は主に神経を除去した後の失活歯に起こりやすいのですが、その原因は咬合力(噛む力)が関係しています。

歯ぎしり・食いしばり・噛み締めなど歯が揺らされたり、強く噛み合ったりと持続的に強い力がかかり続けることで歯根が割れてしまうことがあります。

歯根が割れると、割れた部分から細菌の侵入を許し、結果的に膿の袋(フィステル / サイナストラクト)ができてしまうことがあります。

フィステルは放置しても大丈夫なのか?

結論から言うと、大丈夫ではありません。
抜歯になってしまう可能性があります。

フィステル(サイナストラクト)が放置されやすい問題点としては、膿の袋ができるのですが、一度排出されて消失し、結果的にまた膿が溜まって袋ができるという繰り返しになる点にあります。

フィステル(サイナストラクト)が消失したから治ったと勘違いし、放置をして、最終的に痛みが発生して来院されるという方は少なくありません。

フィステル(サイナストラクト)を放置すると周囲の歯にも悪影響がある?

膿が溜まるということは、炎症を起こしているとも言えるのですが、
歯の根の炎症が継続されると、歯根吸収(歯の根が溶かされる)周囲の顎の骨が溶かされたりして、根管治療だけで治癒させることが難しく、最悪の場合は抜歯になる可能性があります。

フィステル(サイナストラクト)の治療方法

フィステル(サイナストラクト)の治療は大きく分けて2つに分けられます。
それは根管治療(歯の根の治療)、外科的根管治療(外科的歯内療法)です。
それぞれについて簡単にご説明します。

根管治療・感染根管治療

歯の根の治療を行い、歯根の炎症を治めることで、フィステル(サイナストラクト)は消失します。大切なのは再感染させないことで、根管治療の基本的概念である無菌的環境を作り出すためにラバーダム防湿をして治療を行うことは必須だと言えます。

外科的根管治療(外科的歯内療法)

  • 歯根端切除術
    歯茎を切開し、歯の根元側から治療を行います。
    上からの根管治療で改善が見られない場合に行います。
  • 意図的再植術
    一度歯を抜歯し、口腔外で処置をしたあと、歯を戻す治療です。

歯内療法専門医と連携した治療

当院では根管治療(歯内療法)の専門医である牛島歯科医院と連携を行い、クオリティの高い根管治療を行っています。
難症例でも専門と連携によって問題解決できるケースも多くあります。

フィステルを実際に治療した症例

患者情報
27歳 女性
主訴
前歯を綺麗にしたい
診断結果
前歯2番の慢性化膿性歯周炎
治療内容
根管治療(右側2番)、再根管治療(右側1番・左側1、2番)、補綴治療(左右の1、2番)
治療期間
3ヶ月間
治療におけるリスク
再発のリスクがある。 状態によっては抜歯の可能性がある。
費用
660,000円(税込)
※根管治療、再根管治療、補綴治療4本

※ クリックして拡大することができます。

実際の症例写真

お気軽にご相談下さい

お口に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。
患者様に耳を傾け、誠実に対応致します。

WEB予約はこちら

診療時間 11:00〜19:30

11:00 ~ 19:30

受付時間:11:00〜13:30・15:00〜19:00

休診:木・日 (木・日以外の祝日は診療いたします)