各線天神駅より徒歩5分

八重歯の矯正治療

八重歯とは?

上顎犬歯が歯列に収まり切れず、咬合(噛み合わせ)に参加できずに上方に位置している歯列のことです。デコボコした歯列の不正咬合である叢生の一種です。

八重歯の原因

顎と歯の大きさの不一致が原因で、上顎側方歯が乳歯から永久歯へと生え変わる時に、犬歯が最後に生えてくることが多く、その生えてくる順番で八重歯になってしまいます。

八重歯をそのまま
放置するリスク

ガタガタの歯並びだとブラッシング等お口の衛生管理が難しく、虫歯や歯周病が起こりやすいです。その結果、歯の寿命の短縮につながるリスクがあるといわれています。

また、八重歯は咬合の側方運動でのガイドという役割をしていて、咬合に加われないとその他の歯の咬合上の負担が増えてしまい他の歯も弱くなる可能性があると考えられます。

八重歯の症例

八重歯を抜歯とDBSで改善した症例

※DBSとはダイレクトボンディングシステムと呼ばれており、ブラケットにワイヤーを通して歯を動かしていく矯正治療です。

患者情報
15歳男性
主訴
前歯がでてる
行った治療内容
上下顎両側4番抜歯、DBS
治療のリスク
歯肉退縮、歯根吸収
治療期間
動的治療期間2年7か月

※ クリックして拡大することができます。

八重歯を抜歯とDBSで改善した症例

※DBSとはダイレクトボンディングシステムと呼ばれており、ブラケットにワイヤーを通して歯を動かしていく矯正治療です。

患者情報
16歳女性
主訴
ガタガタの歯並びを直したい
行った治療内容
上下顎両側4番抜歯、DBS
治療のリスク
歯肉退縮、歯根吸収
治療期間
動的治療期間2年9か月

※ クリックして拡大することができます。

お気軽にご相談下さい

お口に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。
患者様に耳を傾け、誠実に対応致します。

矯正無料相談予約はこちら

診療時間 11:00〜19:30

11:00 ~ 19:30

受付時間:11:00〜13:30・15:00〜19:00

休診:木・日 (木・日以外の祝日は診療いたします)