各線天神駅より徒歩5分

子供の虫歯治療

どうして子供は
むし歯になるのか?

子供の歯、特に乳歯は永久歯に比べて歯質が未成熟で弱いため、厚みもありません。それにより、虫歯になりやすく進行が早いという特徴があります。

乳歯だから虫歯を放っておいても大丈なのではないか?と思われるかもしれませんが、永久歯にも悪い影響を与えてしまいます。

このページでは虫歯に対する情報を中心に、治療の方法までをご説明していきます。

乳歯の虫歯は
放置してもよい?

乳歯はどうせ永久歯に生え変わるから、治療しなくても良い!と考えるかもしれませんが、要注意です。いくつか問題があります。

永久歯が変色する可能性がある

虫歯を放置して歯の根にまで感染が及ぶと、生えるのを順番待ちしている永久歯が一部変色した状態で生えてくる可能性があります。

乳歯の虫歯が永久歯の虫歯の原因となる

お子様には混合歯列期と呼ばれる、乳歯と永久歯が混在する時期があります。生えてきた永久歯に隣接している乳歯が虫歯だった場合、それが原因で虫歯になってしまいます。

永久歯の歯並びに悪影響がある

虫歯によって抜歯をする必要があった場合、抜歯した部分に歯が倒れ込んできます。そうすることで歯が生える十分なスペースがないために斜めに生えてくるなど、歯並びが悪くなってしまう原因となります。

上記のことから。乳歯の虫歯は放置せずに治療をすることが大切です。付け加えるならば、虫歯にならないよう予防歯科を受診することが何よりも重要です。

子供の虫歯治療
について

大人の虫歯治療との違いについて

子供の虫歯治療も大人と同じような処置が必要になります。必要があれば麻酔を行いますし、歯を削って詰めるといった治療を行います。

お子様が怖がらないための取り組み

当院ではお子様が怖がらないために、無理矢理治療することはありません。

まずは歯医者が怖くない場所であることを知っていただくために、治療の緊急度が高くない場合は虫歯の進行を食い止めるためのクリーニングやブラッシング指導から開始することもあります。

小児歯科で
大切にしていること

虫歯治療の項目でもご説明させていただきましたが、「歯医者は怖くない場所」と思ってもらうことが重要だと思っています。そのために、お子様の雰囲気を見ながら距離感を近づける努力をします。また、親御さんにも協力していただいたり、治療や当院の方針に理解をいただけるような信頼関係を築くことに注力しています。

子供のむし歯治療に
よくある質問

乳歯が虫歯なのですが、生え変わりを待ってもよいですか?
ページ冒頭でもご説明させていただきましたが、虫歯は放置しないほうがよいです。 お子様の永久歯や歯並びにも影響を及ぼしてしまう可能性がありますので、しっかり治療しましょう。
子供の歯が黒いのですが、これはむし歯ですか?
虫歯の可能性もありますし、着色汚れの可能性もあります。 ご心配になられましたら、一度歯科医院で診てもらうことをおすすめします。
親から子供に虫歯がうつると聞きましたが本当ですか?
はい、本当です。
口移しで食事をしたり食器を共有した際に親御さんのお口の細菌がお子様のお口に入ることで虫歯になるリスクがあります。これを感染の窓と呼びます。 生まれたての子供の口腔内は無菌状態ですので、親御さんがきっかけで虫歯になる可能性はあります。お子様だけでなく、家族で口腔ケアに目を向けることが大切です。

お気軽にご相談下さい

お口に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。
患者様に耳を傾け、誠実に対応致します。

診療時間 11:00〜19:30

11:00 ~ 19:30

受付時間:11:00〜13:30・15:00〜19:00

休診:木・日 (木・日以外の祝日は診療いたします)