各線天神駅より徒歩5分

ブログ

ブログ

MTAセメントの重要性

歯や歯の神経を残すための充填剤【MTAセメント】

歯科医師からすると、歯の神経を取り除いたり、抜歯しなければならない状態を回避したいと考えています。

それは、歯の神経を取り除くことによって、歯の強度が下がり、歯が割れてしまうリスクが高くなります。そうして、歯の寿命を短くすることにもつながってしまうため、出来る限り歯を残したいのです。

もちろん、歯を残すことも同じです。
天然歯にしか無い歯根膜と呼ばれる噛む力に対してセンサーやクッションのような役割をしてくれます。抜歯をして、インプラントや義歯、ブリッジにしてしまえば、その歯根膜はありませんので、天然歯よりも管理やメンテナンスが大変になります。

そこで歯の神経がまだ残せると判断した場合や、歯が残せると判断した場合に素晴らしい役目を果たしてくれるのが【MTAセメント】です。

歯や歯の神経を残すためには、なくてはならないセメントであると言えます。

MTAセメントはどのような治療で効果を発揮するのか?

MTAセメントは虫歯治療において、以下のような効果を発揮します。

歯の神経を残す(保存する):歯髄保存療法

虫歯が象牙質にまで達し、神経に近くなる、または露髄といって歯の神経が露出してしまった場合に、適切な処置を行った後、MTAセメントによって封鎖する(歯髄保存療法といいます)を行うことによって、歯の神経を残すことができます。

歯の根の治療(根管治療):歯牙保存治療

歯の神経が保存できなかった場合は、感染してしまった神経を取り除きます。(抜髄治療といいます。)

神経を取り除いた後、根管内の感染(汚染)した部分をきれいに清掃し、
MTAセメントにて根管充填を行います。そうすることで、MTAの特徴である持続的な高い殺菌力、細菌を増殖させないような状態にできます。

もちろん、根管治療がきちんと行われていなければ、MTAセメントを使用しても意味がないので、大前提治療がきちんと行われている必要があります。

外科的歯内療法:歯の根の外科的処置

歯の上から治療を行うことで歯が割れてしまうなどのリスクが有るとき、または根尖病変と行って根の先に膿が溜まった状態の場合は、下から治療を行います。

つまり、歯ぐきを切開して、根っこの方から治療を行うということになります。この場合もMTAセメントが役に立ちます。理由としては親水性が高く、血液などの水分があってもきちんと硬化してくれるからです。

こんな治療にも使われます。

  • パーフォレーションリペア(根っこの穴を塞ぐ)
  • アペキシフィケーション(根っこの先を封鎖する)

MTAセメントの特徴

歯の神経を残したり、歯を残すのに役立つMTAセメント。多くの歯科医師が使用するその特徴をご説明します。

高い殺菌力

MTAセメントは従来のセメントとは違い、強アルカリ性です。
多くの細菌たちが死滅すると言われるph値よりも高いのが特徴です。
歯髄や根管内を持続的に殺菌してくれることで、歯の神経や歯の保存を可能にしてくれます。

密封性の高さ

MTAセメントは固まりながら膨張するという性質を持っています。
そのため、治療した部分に緊密な封鎖をすることができます。
通常のセメントは硬化するときに縮んでしまうため、せっかく治療をしたのに隙間ができてしまい、再発の隙きを与えてしまいます。

生体親和性の高さ

生体親和性とは、体内に入れたときに【異物が入ってきたぞ】という反応を引き起こす程度のことを言います。その異物反応がなければないほど、生体親和性が高いといいます。

MTAセメントはその生体親和性が高いため、歯の穴埋めや根の先に詰めたりしても問題がありません。

親水性が高い

水分に対して高い親和性を持っているため、水分が多い口腔内において、とても優れた充填剤と言えます。

MTAセメントの費用

3万円 / 1歯

MTAを用いて、歯の神経を保存した症例

患者情報
14歳 女性
主訴
別の歯科医院で虫歯を指摘されたが放置してしまった
診断結果
C2〜C3の虫歯
治療内容
虫歯の除去及びMTAセメントによる歯髄保存治療
治療期間
処置自体は即日 経過観察を行い問題がなければ詰め物の処置を別途行う
治療におけるリスク
痛みが強く出た場合は神経をとる場合あり
費用
3万円

※ クリックして拡大することができます。

お気軽にご相談下さい

お口に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。
患者様に耳を傾け、誠実に対応致します。

WEB予約はこちら

診療時間 11:00〜19:30

11:00 ~ 19:30

受付時間:11:00〜13:30・15:00〜19:00

休診:木・日 (木・日以外の祝日は診療いたします)