各線天神駅より徒歩5分

入れ歯

入れ歯は歯を失った方の
大切なパートナー

何らかの理由によって歯を欠損した場合に選択肢に上がる入れ歯。歯を失う=インプラントというイメージがありますが、入れ歯も欠損歯治療の重要な役割を果たしております。

失った歯は二度と生えてきません。入れ歯を選択された場合は、食事や会話を楽しむための大切なパートナーです。最適な入れ歯を作成し、長く使い続けられる入れ歯は必ずあなたの生活をサポートしてくれます。

部分入れ歯について

部分的に歯を欠損歯た場合に行う治療の選択肢に部分入れ歯があります。

インプラントのように手術の必要がなく、ブリッジのように歯を削る必要もありませんので、部分入れ歯を選択される方が多くいらっしゃいます。部分入れ歯も精度の高いものができれば、装着感が良く、しっかり噛むことができます。

総入れ歯について

総入れ歯は歯を全て失った場合に治療する選択肢の一つです。

総入れ歯は口腔機能を維持するために重要です。インプラントよりも侵襲度が低く、質の高い総入れ歯を作成することができれば、長く使うことができます。 総入れ歯は食事や会話を楽しむための最後の砦となります。そのため、長持ちするようにメンテナンスなども継続的に行う必要があります。

当院が対応している入れ歯の種類

保険の入れ歯

保険の入れ歯は作成期間が短く、比較的治療期間が短く済みます。

一方、部分入れ歯の場合はバネを天然歯にかける必要があり、健康な歯に負担をかけてしまう可能性があります。総入れ歯の場合は厚みがあるため、装着時に違和感を感じる方もいらっしゃいます。

双方に共通しているのは「入れ歯だとわかりやすい」ということです。審美性が低いのがデメリットの一つと言えます。

ノンクラスプ

クラスプ=バネなので、ノンクラスプはバネがないということになります。バネがなく保険の部分入れ歯に比べて、審美性が高いのが特徴です。また、柔軟性があり、装着感が向上します。金属床に比べて費用が安価です。

一方、強度が高いわけではありませんので、強い噛み合わせの場合には壊れてしまうことがあります。また、柔軟性が悪い方に働くと入れ歯が安定しないため、動く動作が歯にダメージを与えてしまうため、長期的な使用には向いていない場合があります。また、修理や調整が難しいというデメリットもあります。

金属床

金属床はプラスチックに比べて薄く作製することができるため、装着時の違和感が少なく、食べ物の温かさや冷たさを感じることができます。見える部分は歯茎と同じような色のため、違和感が少ないです。強度・機能性・審美性が高く、良いものを長く使用したいという方に適しています。

一方、金属の種類によっては修理が難しい場合があったり、金属アレルギーを検討する必要があります。当院で扱っている他の入れ歯よりも費用が高額になります。

入れ歯装着までの
流れを教えて下さい

  • 型取り
  • 噛み合わせの確認
  • 仮合わせ
  • 調整
  • 完成

使い続ける上で調整が必要になりますので、完成した後も定期的に通院いただき、噛み合わせや床の部分の調整を行います。

入れ歯に関する
よくある質問

入れ歯が外れるのですが、作り直しが必要ですか?
一度拝見させて頂き、調整で対応できる場合と再製をおすすめする場合がございます。
入れ歯は噛めないイメージがありますが、噛めますか?
噛める様になるために全力でお手伝いいたします。
インプラントが怖いです。入れ歯でも大丈夫ですか?
構いません。一度ご使用になっていただいてから再度考えてみても良いかと考えます。

お気軽にご相談下さい

お口に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。
患者様に耳を傾け、誠実に対応致します。

診療時間 11:00〜19:30

11:00 ~ 19:30

受付時間:11:00〜13:30・15:00〜19:00

休診:木・日 (木・日以外の祝日は診療いたします)